• ホーム
  • 皮膚科での肝斑治療は身体の内側に働きかける治療

皮膚科での肝斑治療は身体の内側に働きかける治療

肌がきれいな女性

成人女性の悩みの一つシミは皮膚の表層にあるものが殆どで、薄い茶褐色をしています。
ところが、一口にシミといっても肝斑や老人性色素斑、そばかすと混在して出来ることがあります。
シミと肝斑、見た目も似ていますので、どちらも同じと考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実はシミと肝斑は要因が違うので、その治療法も違います。
実際シミは紫外線などに影響されて出来るのに対して、肝斑は、ストレスや女性ホルモンなどの内的要因に影響されて出来ます。
ですから、ピルを飲んでいる女性や妊娠中の女性などにもにも出来やすいのですが、閉経すると自然に治ることが多いです。
外見的には顔の頬骨、こめかみ周辺に左右対称に出来、色は薄く、形が肝臓に似て境目がはっきりしていないのが特徴です。

トラネキサム酸は、皮膚科で処方されるものになっているようですので、シミではなく肝斑と思った場合には、まずは皮膚科での治療をお勧めします。
肝斑治療は初期段階でシミがつくられるのを防ぐ事が重要です。

肝斑治療は一般的にケミカルピーリングやレーザー治療などが短期間に改善されることが知られていますが、内服薬での治療で負担をかけずに穏やかに治すことができます。

皮膚科での内服薬の治療法として、シミの要因となるメラノサイトの活性化を抑えるトラネキサム酸の服用とビタミンC・ビタミンEなどを摂取することで効果があると言われています。
つまり、肝斑治療は身体の内側から働きかける治療が有効です。

ストレスをためない、紫外線を避ける、睡眠不足にならないようにすることも大切ですが、毎日のスキンケアでは、肌の状態をチェックして、少しでも異常があった時には皮膚科での診察を受けるようにしてください。
最終的には専門家の診断をあおぎながら、有効な治療・肝斑対策をはじめましょう。

サイト内検索
人気記事一覧