• ホーム
  • 肝斑の原因と対策について

肝斑の原因と対策について

顔を洗う女性

肝斑は30代から40代にかけて発症することが多く、男性よりも女性の方が多いと言われています。
肝斑の原因は、ホルモンバランスの変化や肌荒れ、老化、ストレスなど発症要因に日光照射が加わりメラニン色素が生成され、沈着することで発症します。
シミの原因であるメラニン色素は、表皮にあるメラノサイトが紫外線やホルモンの影響を受けて作り出されます。
このホルモン分泌は、ストレスや不規則な生活、睡眠不足と大きく関係しています。
肝斑の対策としては、ストレスを溜めたり、寝不足などの不規則な生活を送って女性ホルモンのバランスを崩さないことです。
女性ホルモンのバランスが崩れると誘引になったり、発症後の悪化につながります。
また、過度の刺激も原因や悪化につながります。
洗顔やフェイスマッサージは、他の美肌対策に有効であっても、必要以上に激しくしたり、余計な摩擦を与えないように注意が必要です。
洗顔する際には、ゴシゴシ擦ったり、強い力でマッサージすると肌への刺激が強くなるため、洗顔剤は泡立ててからやさしく洗うようにします。
また、シミの原因であるメラニン色素は、紫外線にから守るために作られます。
通常は、皮膚のターンオーバーにより排出されますが、ターンオーバーは、加齢によっても遅れます。
ターンオーバーが正常になるように食事や生活習慣に気をつけることです。
肝斑は、複数の要因により発症することが多いため、原因を特定するのが難しいです。
また、他の種類のシミと合併していることもあるため、一方のシミに対しては、効果があっても肝斑の方は悪化することがあります。
自己判断で誤った対策を行なうとますます広がったり濃くなる可能性もあるため、早めに皮膚科受診することです。